スポンサーリンク

ドラクエ7イベント 第5章 なぞの石版と強敵オルゴ・デミーラの写真と弱点【ネタバレあり】(2021/5/17更新)

2021年5月17日

ドラクエ7イベント 第5章 神の復活の攻略です。
この記事にはドラクエ7メインストーリーを含むネタバレが含まれています。ご了承ください。

2021/5/17 AR撮影について追記しました

ネタバレがあります

スポンサーリンク

ドラクエ7イベント 第5章 神の復活

フィリアからもらった神の石を使い、神の神殿で神の石を使うと空飛ぶ台座が現れ、神の兵の神殿へ。
4つあった神殿のうち2つは落下してしまったという。

神の兵の神殿と復活の台座の神殿が残っており、復活の台座の神殿で過去世界の過去の紋章の台座で神の石をかざす。すると現在世界で4つの神殿が戻っている。長老から飛空石を入手。(実際のドラクエ7ではここで空を飛べます)

ふしぎな石版を手に入れ、それをはめる台座は地底にあるという。

石版の台座の場所は

バーンズ王から発掘現場から魔物があふれ出ているとの報が

発掘

なおここで初めてバーンズ王とアイラが対面しているが何もない

アイラとバーンズ王

発掘現場に入ってそこから魔空間の神殿へ。オルゴ・デミーラとの戦いとなる。

オルゴ・デミーラ

オルゴデミーラとの戦いに勝利し、神の復活へ。大地のトゥーラを弾くことができるヨハンに出会う。(実際のドラクエ7では大会を開き、大地のトゥーラを弾くことができた人が優勝ということでヨハンが優勝だったのです)

ヨハンと出会う

そしてアイラの踊りとともに神は復活

第6章へ続く。なんでまだあるの?はこれからわかる。

スポンサーリンク

なぞの石版について

今回も4つあります。

なぞの石版赤

なぞの石版赤

これは簡単。フィールド上の石版を拾って、依頼をクリアする。

なぞの石版青

なぞの石版青

かいふくスポットとフィールド上のモンスターを乱獲しましょう。依頼にも注目。5000歩ならそんなに時間はかからないでしょう

なぞの石版黄

なぞの石版黄

メニュー>助っ人で自分が出す助っ人の登録変更をしましょう。

助っ人の登録変更方法と今後について(2020/8/4更新)

ルイーダの出張酒場で助っ人が常設されるようになりました(9/26更新)

オルゴ・デミーラ累計16万にも設置されているし、依頼でも強敵討伐が求められる。

そして相変わらず回復スポット巡りだ。

なぞの石版緑

これは時間がかかる

なぞの石版緑

フィールド上に落ちているのが2つ。人助けではモンスター100匹とゆるめの設定。
強敵オルゴ・デミーラの累計報酬79万に石版が設定されている。

一見わからないのは「オルゴ・デミーラは写真写りが良いらしい」
これはAR撮影を意味しています。

メニュー>モンスターずかん>イベントタブ内のオルゴ・デミーラ(348)を選択

ARから

下にあるモンスターARから写真を撮影

AR撮影

映っていればなんでもいい。一応第2形態も取っておいた。
あとは石版ページに戻ってくれば石版のかけらは入手できる。

強敵オルゴ・デミーラ

今までの強敵も気が向いたらレベル30までやってましたが、今回は初日にレベル30クリアができてしまいました。
ベホマラー様様ですわ。
フルオートはレベル28で挫折したのでまだまだライトプレイヤーです。

強敵オルゴ・デミーラはドルマ系が最大の弱点ですが、ヒャド系も入ります。
オチュアーノ持ち助っ人と自分はオチェアーノを持ってなかったので蒼竜のやりとやしゃのこん・オーシャンウィップで攻めました。

魔法攻撃が主体なのでヘナ入れられるカンダタトマホークは不要です。オルゴデミーラレベル30のメラゾーマは300ダメージを喰らうので大変でした。HPは常に満タンを心がけましょう。

ある程度削って影縛りが入ったら、いなずまでのマヒ対策・念じボールでの呪文耐性低下対策にまもりのたてを入れましょう。

途中でまもりのたてを入れる

なお強敵プラス設定もあるのと、強敵オルゴ・デミーラは5/13(木)まで登場予定です。
ただし前述の石版報酬は必ずこのドラクエ7イベント中の4/27(火)までに達成させてください。

この後の予定は?

予定1

次は早いです。4/12(月)の更新予定です。新メガモンスターとしてオルゴ・デミーラが登場(第2形態をメガモンスターとしているようですね)
さらにここにはほこら更新もあるのに…

予定2

交換所に新アイテムが入ります。おそらく新しいふくびきかな?
となると前日4/11(日)にスマートウォークで新しいふくびきの紹介があるかもしれませんね。

次回更新:ドラクエ7イベント 第6章「真の平和へ」攻略と偽神封じのオーブの効果【ネタバレあり】

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク